ていねい書店

ぬくぬく
ココロは、すっぴんで。

お化粧やオシャレをしたら、わたしは少し気分が上がります。でも、一日中メイクをしていたら肌はボロボロになってしまうし、キレイな洋服も家ではリラックスできるものに着替えたい。それは、心もきっと同じだと思うんです。よく見せようとしすぎてしまうと、いつか心が疲れてしまう。
心はいつだって、すっぴんのままでいい。すっぴんの心も、愛していきたいなぁと思うのです。

言葉:榎本ひより
イラスト:逢坂加奈子

SNSでシェア

書籍をダウンロードする

白黒ではなく、心地よさ。
誰かに照らされる、そんな輝き方もある。
満たされた心からあふれ出す。 そのやさしさをおすそわけ。
「ない」にもちゃんと、ストーリーがある。
○△□だけじゃない、〇〇〇です。